変化の目まぐるしい大阪日本橋
という訳で今回はタイトルの通りつい先日の日本橋をご紹介します。
神社やらなんやらの写真は溜まってるんですが、HDがカオスなので
適当にお茶を濁した更新となります。プラモは牛歩の歩みです。

そんな訳でこちら5月のほぼ末頃の写真です。
まあとにかく外人が増えました。
あと、いつの間にか店が変わっていたり、閉じていたり
看板が変わったりなんて事を感じます。
2017年6月頃の日本橋とか01

2017年6月頃の日本橋とか02

2017年6月頃の日本橋とか03

2017年6月頃の日本橋とか04

2017年6月頃の日本橋とか05

2017年6月頃の日本橋とか06

2017年6月頃の日本橋とか08

2017年6月頃の日本橋とか09

2017年6月頃の日本橋とか10

2017年6月頃の日本橋とか11

2017年6月頃の日本橋とか12

ここのK-BOOKSが潰れていたのには結構驚きました。
出来てからそんなに経ってないと思うのですが。
2017年6月頃の日本橋とか13

ここからは6月中旬に撮った写真となります。
2017年6月頃の日本橋とか15

おおきにコーヒーってのがオタロードの真ん中辺りに出来てました。
見てる限りまずまず繁盛してました。
2017年6月頃の日本橋とか16

直球過ぎるガチャガチャ。空しくなりそうなのでスルーしました。
2017年6月頃の日本橋とか17

マジン豪ジャングル
ってお店が期間限定で入っていた所です。
今はプリンセスカフェっていう女性向けのアニメコラボカフェ
なるものになっています。こちら4月頃の写真です。
2017年6月頃の日本橋とか18

昨年はサバゲ関係のお店でした。
意外と難しい立地なのかもしれません。
2017年6月頃の日本橋とか19

さてこちらは某キッズランドのリトルアーモリーの展示です。
いいなあと思って撮ってみました。これだけ揃うと圧巻ですが
意外とお高いんですよね…。
2017年6月頃の日本橋とか20

とか言いながら先日赤バゼ買ってしまいました。
メタルボックスに結構あったのでついつい手が伸びた次第です。
それなりに売れたようなのですが、元々の発注数が多かったので
割と余ってるようです。ただ再販は2度と無いようなので欲しいと
思ってる人はケチらずに買っといた方が良いかもしれません。
余剰パーツで素体が0.9体分くらい作れるそうなのでコスパは
割と良い聞いてます。
ちなみに日本橋でもチョイチョイ見掛けた気がします。
メタボの赤バゼ

GBWCに向けたガンプラ作って、オラザクに向けたガンプラ作って
スティレット作って、戦車1個作って、盆栽カスタム作って
ニンジャ(バイク)作ったら、赤バゼ着手するつもりです。
…積みが溜まる一方です。
------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

今回は、ネタが無くはないがパッとせずまとまらないしそもそも
写真が整理できてない、ので適当に日本橋の様子をご紹介します。
今年の3月頃に撮ったものがメインとなってます。

で、まずはなぜか地下鉄堺筋線の写真です。
阪急電車の車両が入ってきた時に撮ったりしてました。
なんとなく嬉しいんですよね、阪急の車両に当たると。
日本橋2017年3月頃01

日本橋2017年3月頃02

日本橋2017年3月頃03

日本橋2017年3月頃04

日本橋2017年3月頃05

で、ある日の日本橋。この日は雨でした。
日本橋2017年3月頃06

日本橋2017年3月頃08

その時キッズランドのゲームの店舗では直球で大掛かりな
販促の展示がされてました。
日本橋2017年3月頃09

こちらまた別の日に行った時の写真です。
この時はこちらの2Fにあるグリーンマックスのお店に
行ってきました。こんなの知らなきゃ気付かねえよ。
…鉄道模型のお店です。
日本橋2017年3月頃10

その時近くにあった謎の怪しいガチャガチャに惹かれて
ついつい回してしまいました。
日本橋2017年3月頃11

無限えだまめ中華バージョンです。
日本バージョンなんて有る訳ないだろうって突っ込みは
野暮でしょうね。
日本橋2017年3月頃12

実物がコチラ。無限に枝豆を押し出す感覚が楽しめます。
暇つぶしに最適でしょうか?
日本橋2017年3月頃13

で、ボークスやらブキヤやらキッズランドやら色々うろついて
日が暮れてしまったのですが、お陰で良い感じの夜景と
なってました。なぜかデジカメ様絶好調で綺麗に撮れました。
日本橋2017年3月頃15

堂々たる「信長書店」の文字が目を惹きます。
日本橋2017年3月頃16

通天閣もライトアップ。
日本橋2017年3月頃17

コトブキヤではフレームアームズガールのお客さんの
作った作品が少し展示されていました。
そして欲しかったイノセンティアは余裕の売り切れ。
アニメ効果もあって絶好調なようです。
2chなんかを見てるとスケモやってた人が引きずり込まれて
かなりガチなものを作ってたりみたいなのも見られます。
日本橋2017年3月頃18

ホビージャパンのとある作例の影響もあってか最近は
ドールの服を着せる人達も居るようです。
そして日本橋のブキヤの上にはアゾンというドールのお店が。
狙ってて仕込んだのかという配置です。
日本橋2017年3月頃19

フレームアームズガールとサイズがほぼ合うのが
このアゾンのものなのだそうです。ボークスの上のは
ちょっと大き過ぎるのだとか。
日本橋2017年3月頃20

ボークスも自社ブランドのブロッカーズというのと、美少女を
組み合わせたブロッカーズFIOREというものを発売します。
第一弾の試作品はボークスにありましたし、第二弾以降の
キャラデザのイラストレーターも発表してました。

バンダイももう少し本気で参入していくようですし、アオシマも
バルキリー少女なんてものを開発しています。
しばらくはこういう紳士的模型の流行が続きそうですね。

ただ個人的にはフレームアームズガール以外はメガミデバイスも
含めてイマイチ伸びないかなと思ってます。
後発はどうしても執念みたいなのが足りないんですよねw

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

サザエさん症候群的な気分どっぷりの今日この頃。
お盆休み早く来ないかな…。

さて今回はうめきたガーデンへの途中に撮った景観の
写真をご紹介します。
うめきたガーデン周辺の景観01

うめきたガーデン周辺の景観02

旧貨物ヤード。何を作ってるんでしょうか。
うめきたガーデン周辺の景観03

うめきたガーデン周辺の景観04

うめきたガーデン周辺の景観05

うめきたガーデン周辺の景観06

途中レンタルサイクルらしきものがありました。
使った事無いですけど、良い試みだと思います。
うめきたガーデン周辺の景観08

うめきたガーデンに向かって歩いて行きました。
うめきたガーデン周辺の景観09

うめきたガーデン周辺の景観10

うめきたガーデン周辺の景観11

うめきたガーデン周辺の景観12

うめきたガーデン周辺の景観13

うめきたガーデン周辺の景観15

うめきたガーデン周辺の景観16

非常に簡素極まりない入り口。
これじゃあたまたまフラッと来た人は1人1000円の入場料払って
入るのは難しいように思います。
うめきたガーデンはいつまでで、その後どうするってプランは
決まってないんでしょうか。普通の公園とかでも良さげなんですが。
うめきたガーデン周辺の景観17

で、私みたいな人間にとっては工事現場や重機の方が
見てて面白かったり。
うめきたガーデン周辺の景観18

うめきたガーデン周辺の景観19

うめきたガーデン周辺の景観20

うめきたガーデン周辺の景観22

うめきたガーデン周辺の景観23

工事現場の横にはこんな説明板がありました。
東海道線支線地下工事ですって。
かなりややこしい事やってるんですね。
うめきたガーデン周辺の景観24

凄い技術力だと思うんですが、世界的にはどうなんでしょう?
日本の持っていた強みが大企業様優遇政策ばかりしてきた為に
次々と失われている昨今、非常に気になりますね。
うめきたガーデン周辺の景観25

結局大阪駅北地区についてはWikiによれば都市公園事業
なるものが進められるそうですが、UR都市機構が絡んでいる
みたいです。汚職と利権の百貨店というレベルの所だけに
良からぬ使い方をしそうでイヤですね。

やっぱり弁天町にあった交通科学博物館を金払ってでも
誘致しときゃあ良かったように思えて残念でなりません。
当時大阪市にもアイデアの投書はしてみたんですがw

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

JR貨物の梅北ヤードだった場所に出来た、うめきたガーデン
先日行って参りました。花粉症に苦しみながら。

そこまで広くもないのですが、同じ場所を別角度から何度も
撮ったりしてるせいで実際よりも広く見えるかと思います。
うめきたガーデンの春01

うめきたガーデンの春02

うめきたガーデンの春03

うめきたガーデンの春04

うめきたガーデンの春05

うめきたガーデンの春06

うめきたガーデンの春08

うめきたガーデンの春09

この日行ったばかりの時点では陽が差していたのですが
しばらくするとスカイビル?の陰に隠れやがりました。
うめきたガーデンの春10

こちらは関西ローカル番組ちちんぷいぷいとのコラボ庭園です。
うめきたガーデンの春11

うめきたガーデンの春12

出演者にちなんだ展示となっているようです。
うめきたガーデンの春13

うめきたガーデンの春18

うめきたガーデンの春19

奥の方では赤ちゃんの撮影サービス的な事をしてました。
料金は知りませんがプロの撮影みたいだったので高そうでした。
うめきたガーデンの春20

うめきたガーデンの春22

造園中の所なんかもチョイチョイありました。
うめきたガーデンの春23

うめきたガーデンの春24

少しやっつけ気味な緑のエリアなど。
うめきたガーデンの春15

苗木等の販売エリア。ちょっと密度が薄いかなと。
うめきたガーデンの春16

うめきたガーデンの春17

うめきたガーデンの春25

トイレの辺りなんかは流石に簡素過ぎますね。
期間が限られてるとは言え、ちょっと雑な部分が目立ちます。
うめきたガーデンの春26

ここからは個別の作品や目に付いた花などです。
こういう「表」の部分が良いだけに勿体無い。
うめきたガーデンの春27

うめきたガーデンの春29

うめきたガーデンの春30

うめきたガーデンの春31

うめきたガーデンの春32

うめきたガーデンの春33

うめきたガーデンの春34

うめきたガーデンの春36

うめきたガーデンの春37

うめきたガーデンの春38

うめきたガーデンの春39

うめきたガーデンの春40

うめきたガーデンの春41

こちらは設置前のものですかね。
うめきたガーデンの春43

そんなすぐ横ではバリバリに重機がフル稼働しています。
周囲もビルばっかりですし、まあ細かい所でこだわれないのも
仕方ないのかもしれません。
うめきたガーデンの春45

ただ開放感は非常にあり、個別の作品や花壇等は非常に良く
入場料は1000円ながら行って損した感じは全くありません。
もう一度行こうとは思わないですけど。

で、今は桜まつりなんてのをやってるそうです。
いやぁー中途半端なタイミングでした。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

前回に引き続いて大阪城公園の梅林で撮った写真の
ご紹介となります。が、思ってたほど梅の写真が残っておらず
内堀の石垣がメインとなります。いやいいですよ、石。

石マニア必見…と言いたい所ですが、マニアは恐らく脳に
焼きつくくらい既に眺めてるでしょうから、中級者の方辺りの
研究対象として最適なのかもしれません。
石垣ときどき梅林01

石垣ときどき梅林02

石垣ときどき梅林03

角の滑らかなラインは見事としか言いようがありませんね。
石垣ときどき梅林04

石の配置や並びをマジマジと見ていると何か別のものが
見えてくる気がしなくもありません。力学の研究者とかに
見せたら何か面白い研究してくれそうな気もします。
石垣ときどき梅林05

石垣ときどき梅林06

排水用の溝っぽいのは後付けでしょうか。
石垣ときどき梅林08

向こうの空堀には地下壕への秘密の入り口があるとか。
石垣ときどき梅林09

なんとなく艦これを連想してしまいました。
私はまだやった事ないですけど。
石垣ときどき梅林10

石垣ときどき梅林11

坂を上って梅林を見下ろせるポイントへ。
石垣ときどき梅林12

ここが多分全体を見渡せるベストポイントなんですが
一面満開という状態を未だ見た事がありません。
品種的に一斉に咲く事は無いのかタイミングが合わんのか。
石垣ときどき梅林13

前回紹介した門側の辺りは、外から見ると全然という状態でした。
石垣ときどき梅林15

石垣ときどき梅林16

そして例の高笑いする鴨です。
笑い声は前々回の記事をご参照下さい。
石垣ときどき梅林17

まあ概ねこんな感じで時期尚早というのが総括です。
鴨に出会えたのが最大の収穫でしたね。

さて微妙に暖かくなってきて今年こそは桜を見物に
行きたいと思ってます。
問題はそこまでの繋ぎをどうするかだったりするんですが。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ