今回は和歌山電鐵で途中下車し、訪れた竈山神社をご紹介します。
初詣の「三社参り」で有名な神社の一つです。
…有名なんだそうです。

駅からクソ暑い中を迷子になりつつ延々歩きました。
真っ直ぐに行ってもそこそこの距離があります。
和歌山電鐵沿線の竈山神社01

無駄に途中で撮った写真。
こんな事をしてると更に時間を浪費します。
和歌山電鐵沿線の竈山神社02

和歌山電鐵沿線の竈山神社03

和歌山電鐵沿線の竈山神社04

和歌山電鐵沿線の竈山神社05

和歌山電鐵沿線の竈山神社06

和歌山電鐵沿線の竈山神社08

ここからが神社の敷地内の写真です。
昭和っぽい感じの建物。使われていないようでした。
和歌山電鐵沿線の竈山神社09

和歌山電鐵沿線の竈山神社10

和歌山電鐵沿線の竈山神社11

和歌山電鐵沿線の竈山神社12

神社本体の方は、一見した所趣のある綺麗ないでたち
でしたが、よく見るとそれほど凝った造りのものではない
感じでした。ただ雰囲気自体は良かったです。
和歌山電鐵沿線の竈山神社13

和歌山電鐵沿線の竈山神社15

和歌山電鐵沿線の竈山神社16

和歌山電鐵沿線の竈山神社17

和歌山電鐵沿線の竈山神社18

そしてこちらは帰り道で見掛けたコンテナ。
貨物列車のコンテナっぽいですが、どうなんでしょう。
和歌山電鐵沿線の竈山神社19

和歌山電鐵沿線の旅2016については、とりあえず今回で
終了です。次回はまた適当なネタに戻ります。

さて、相も変わらず頭の痛い醜聞が色々と流れています。
豊洲工事の談合、福島のダム底に高濃度のセシウムが
堆積してるという話、もんじゅ関連云々、電通の大規模
不正請求など、膿が噴出してる印象です。
そんな中で特に気になったのが独立行政法人の役職員の
年収トップがGPIFという話です。
GPIFと言えば、年金を株でのギャンブルにより多く突っ込んで
2015年で5兆円超、2016年でも4-6月期だけで5兆円超の
赤字を出したスーパー頭脳集団です。
原因の大元は安部内閣なんですけどね。
和歌山電鐵沿線の竈山神社22

こちらはまた別の記事で、そんなGPIFは運用の委託先も
役員の選出プロセスもまるっきり不透明であると指摘しています。
和歌山電鐵沿線の竈山神社23

不透明な運用で莫大な報酬。まさに利権の温床です。
それが年金の元手を10兆円以上既に吹き飛ばしてるって
話ですから不愉快極まりありません。
それ以前はずっと黒字だったそうですが、それについても
怪しい計算をしていた疑いが持たれています。
和歌山電鐵沿線の竈山神社24

今までは好景気等によって覆い隠されていたのが、
徐々に国際化の流れの中で表面化しているように思います。
このままどんどん明るみに出てくれれば良いのですが
それ以前に日本がどこまで持つのかそれが心配です。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

ろーっこうおろーしにー♪さーあっそうおとー♪
我等が阪神、めでたくCS突破致しました!!

それはさておき、姫路城へ行った際に撮った姫路駅周辺の
街並みなどをご紹介します。
まずは姫路駅にて。
姫路駅周辺2014年9月-01

姫路駅周辺2014年9月-02

姫路駅周辺2014年9月-03

コンデジのデジタルズームで精一杯拡大。
これが限界でした。
姫路駅周辺2014年9月-04

姫路駅周辺2014年9月-05

帰り際、かぶりつきでフロントガラスから。
たまたま貨物が通っていきました。
姫路駅周辺2014年9月-06

そして街並みです。
駅前からの姫路城。なんだか妙にアンバランスな印象です。
まあ近代的街並みと歴史的建造物って合い辛いですよね。
姫路駅周辺2014年9月-08

そして城周辺のループバス。
黒田官兵衛にとことんあやかってましたw
姫路駅周辺2014年9月-09

姫路駅周辺2014年9月-10

そして城近くでゆるキャラに遭遇。
信号待ちをしていた所、子供や観光客に捕まってしまった
ようですw
姫路駅周辺2014年9月-11

姫路駅周辺2014年9月-12

御座候バス。今川焼き美味いです。
たまに凄く食べたくなりますね。
姫路駅周辺2014年9月-13

こんな店もありますが・・・姫路城の改修が済むまでは
ちょっと苦戦しそうです。
姫路駅周辺2014年9月-15

そして数年前から変わらないオッサン。
頭よりも覆うべき所があるだろうという突っ込み待ちの
像です。
姫路駅周辺2014年9月-16

よく締まってます。
姫路駅周辺2014年9月-17

そしてちょっと遠い所から撮った姫路城天守閣。
早く工事終わんないですかね。
姫路駅周辺2014年9月-18

お堀には船。
姫路駅周辺2014年9月-19

姫路城内にはこんな立て札が。
ただ姫路城自体は池田輝政という城主の時に
今のような姿になったんだそうです。
姫路駅周辺2014年9月-20

続いて駅前すぐのショッピングモールなどです。
姫路駅周辺2014年9月-22

以前来た時は工事中だったように思います。
姫路駅周辺2014年9月-23

姫路駅周辺2014年9月-24

姫路駅周辺2014年9月-25

姫路駅周辺2014年9月-26

商店街でも黒田官兵衛にあやかったモノが
色々ありました。
姫路駅周辺2014年9月-27

姫路駅周辺2014年9月-29

これはどうですかねw
元々黒田書店だったのか名前を変えたのか。
姫路駅周辺2014年9月-30

姫路駅周辺2014年9月-31

そして観光地のお約束。
・・・お店閉まってましたけど。
姫路駅周辺2014年9月-33

さて今週は色々と楽しい事がありました。
まずは冒頭に書いた阪神のCS勝ちぬけ。
4タテでの完勝でしたが、楽な試合は1つも無かったので
感動はひとしおです。パは最終戦までもつれてますんで
日本シリーズはどうなることやら。

続いてGBFトライ。第2話まで見たという状態ですが
予想以上に面白くて嬉しくて仕方ありませんw
ガンプラ作りにも精が出るというものです。
GBWC2014は惨敗でしたがw

そしてMH4G。モンハン最新作ですね。
これまた突貫っぽいスケジュールでしたが、なかなかの
ボリュームとクオリティで仕上げてきました。
ギミックなどのシステムも色々と新要素を入れてきて
かなり気合が入ってます。ただ相変わらずのストレス
仕様なので寿命がマッハですね。
結局即死ハメのオンパレードですから。
とは言え、最近のどうしようもない日本のゲーム業界の中で
久々に出た期待以上の作品かと思います。

・・・とまあ、姫路に全く関係無いような事ばかりが
マイブームだった訳ですが、次回も似たような記事となります。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

9月の中旬頃、姫路城を見に行ってきました。
天守閣の覆いが外され、「白鷺城」の名前の由来にもなっている
真っ白な姿が見られました。

…見られたんですが、もれなくクレーンが付いております。
姫路城2014年9月-01

姫路城2014年9月-02

天気は微妙。晴れの予報だったのですが、かなり雲が多く
どす黒い雲の掛かっている場所もありました。
姫路城2014年9月-03

姫路城は元々白い屋根瓦なのだそうですが、年月を経るうちに
カビ等々によって黒っぽい瓦となっていたのだそうです。
そんな訳で今の白い姿も期間限定なのかもしれません。
だからなのか写真を撮りに来てる方も結構おられました。
姫路城2014年9月-04

この角度だとかろうじてクレーンを外した構図が撮れます。
姫路城2014年9月-05

せっかくなので入場料を支払って有料区域にも行ってきました。
天守閣近くは工事中なので近づく事が出来ないのですが
時間と金を使って来てるのでそこはケチりませんでした。
昔の私なら多分帰ってますw
姫路城2014年9月-06

姫路城2014年9月-08

姫路城2014年9月-09

石垣の形状は場所によって多少違いがありました。
それぞれ作られた時期などが異なってるのだと思います。
姫路城2014年9月-10

姫路城2014年9月-11

姫路城2014年9月-12

暗雲モクモク・・・
姫路城2014年9月-13

姫路城2014年9月-15

更に暗雲モクモク・・・
この辺りから天守閣へと通じる道が更にあるのですが、
この日はここで通行止めとなっていました。
引き返して別の道へと迂回します。
姫路城2014年9月-16

姫路城2014年9月-17

姫路城2014年9月-18

ここには黒田官兵衛ゆかりのモノが展示されていたようです。
姫路城自体は黒田官兵衛の居城だった時期もあるようですが
現在のような姿になったのは後の時代だという事です。
戦国時代の頃はもっと簡素な砦みたいなものだったように
思います。
姫路城2014年9月-19

貞子の井戸・・・かどうかは知りませんが、覗き込むと
やはり不気味な感じがします。
姫路城2014年9月-20

ここも本来は天守閣への道が続いているはずですが、
ご覧の通り封鎖されてしまっています。
姫路城2014年9月-22

両方のシャチホコ?に鴉がとまってました。
姫路城2014年9月-23

結局城全体が真っ白になる事はあるんでしょうかね。
他を真っ白にしてる間に天守閣の屋根瓦が黒ずんで
しまうような気がするんですけどw
姫路城2014年9月-24

あとは入り口の方へと引き返していきました。
姫路城2014年9月-25

姫路城2014年9月-26

ゆるキャラ大人気。
姫路城2014年9月-27

「しろまるひめ」。デザインは良いと思うのですが
雨後の筍の如く乱立する群雄割拠のゆるキャラ界では
ややインパクトに欠けるように感じます。
姫路城2014年9月-29

有料区域より手前の広場辺りまで戻ってきたのち、
更に外れの方へと迂回していきました。
姫路城2014年9月-30

この辺りの石垣は結構ゴツゴツして表面の凸凹が
ならされていない印象を受けます。ただ石の大きさ自体は
割と揃っています。
姫路城2014年9月-31

姫路城2014年9月-32

鉄骨が組まれている、工事現場の足元の方へと
歩いていきました。
姫路城2014年9月-33

姫路城2014年9月-34

姫路城2014年9月-36

そこから引き返して姫路城を後にしました。
この辺りの石垣は大きさもあまり揃っていない印象です。
結構古めの時期のものだと案内板に書いてあったような
記憶があります。
姫路城2014年9月-37

せっかくの青空だったので、もう少し雲が少なければ
良かったのですが。
姫路城2014年9月-38

姫路城2014年9月-39

入り口まで戻ってきました。
姫路城2014年9月-40

お城の案内板のイラスト。こうして見ると大要塞です。
この頃の空撮写真とかあると萌えるんでしょうけどねー。
数十年後にはCGと分からない位のCGが、それを
実現してくれるかもしれません。
もしくはジオラマ作って撮って、画像加工するかですかね。
姫路城2014年9月-41

さて先日、というか今日ネット見ててチョイと感動をしました。
アラーキーのジオラマでショーという、自身が作られた
情景ジオラマの紹介等々をされているブログがあるのですが、
そこでオリジナルアレンジの赤城的なものを作られてました。
俺もこういうものが作りたかったんだよ!と感動した次第です。
モデラーズエキスポ2014で展示されるそうなので必ず見に
行こうと思ってます。

そしてもう一つ。今日MH4Gを買いました。本当は様子見するつもり
だったのですが、誘惑には勝てずw
まだ数時間ですが、それなりに楽しんでます。
とりあえずソロでウカムを倒して、G級の開放をしました。
で、早速ドスガレオス2頭にフルボッコにされて
三死寸前になったりしていますw
今回はどこで詰みますかね・・・。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

今回は町家の雛めぐりの壺阪山近辺で撮った、他の写真を少しご紹介します。

駅前です。「壷坂観光」営業しているようではあります。
駅前のマップを見る限りでは、それなりに多くの史跡がありそうですが
あえて来るほどの場所かと言えばなんとも。
町家の雛めぐりという町興しイベントは良い取り組みだと思います。
壺阪山近辺諸々01

町家の並びの途中にある神社です。
個人的にはあまり景観にマッチしてなかったように感じました。
壺阪山近辺諸々02

町家の並びからやや外れた所にこのような神社がありました。
高皇産霊神社というそうな。神社の名前すら分からず
コチラのHPでようやく分かったという次第です。
壺阪山近辺諸々03

壺阪山近辺諸々04

壺阪山近辺諸々05

実は高皇産霊神社には道を間違って辿り着き、
そこから駅に向かう途中でさくらライナー等を
撮影したこの場所を見つけました。
壺阪山近辺諸々06

日本に観光に来る外人さんが見たいのは、先の高皇産霊神社
のような史跡だと思うのですが、人の手が入ってしまうと
どうしてもコレジャナイ風になってしまいます。

かと言って手を入れなければ寂れてしまうもので
この辺りのジレンマって非常に難しいものだと思います。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ

前回、近鉄線の壺阪山へ行ったという所で終わった訳ですが
今回はその壺阪山で見てきたイベントをご紹介します。

町家の雛めぐり」というイベントで、高取町土佐街道周辺の
お店やお宅が自分家の雛人形を公開してくれるというものです。
2013年版の詳細と参加店(家)はコチラです。
壺阪山「町家の雛めぐり」01

スタンスは様々でこのように誰でも適当に見れる形に
してくれてる所が多かったように思います。
壺阪山「町家の雛めぐり」02

こちらは確か駅近くの人形店のディスプレイです。
壺阪山「町家の雛めぐり」03

こちらは駄菓子屋の中です。
壺阪山「町家の雛めぐり」04

そしてこちらは個人宅です。協賛のお店やお宅の前には
参加を示す表札みたいなものが出されています。
壺阪山「町家の雛めぐり」05

私はメインの会場とそこに至る30件程度?しか拝見出来ません
でしたが、メインの通り沿いは町屋風情の家が多く見られます。
意図的に景観に配慮しているのかは謎ですが、意外と
そんな部分にも見応えがあります。
壺阪山「町家の雛めぐり」06

壺阪山「町家の雛めぐり」08

壺阪山「町家の雛めぐり」09

焼きたての団子を1本買い、中を覗かせて頂きました。
団子は甘さ控えめのタレで、一口目はなんかよく分からない
風味でしたが、食べてると馴染んできて美味くなりました。
食う気になればそのまま数本食えたと思います。
壺阪山「町家の雛めぐり」10

ですが、この日のメインは撮影。雛壇の手前にお菓子とかが
売られてましたが、惹かれるものが無かったのが残念です。
壺阪山「町家の雛めぐり」11

壺阪山「町家の雛めぐり」12

壺阪山「町家の雛めぐり」13

漢方薬のお店の中は撮影禁止だったので撮れず。
甲冑やナギナタ・火縄銃なんかも飾られていて
結構凄かったです。
壺阪山「町家の雛めぐり」15

壺阪山「町家の雛めぐり」16

壺阪山「町家の雛めぐり」17

壺阪山「町家の雛めぐり」18

壺阪山「町家の雛めぐり」19

壺阪山「町家の雛めぐり」20

壺阪山「町家の雛めぐり」22

壺阪山「町家の雛めぐり」23

壺阪山「町家の雛めぐり」24

壺阪山「町家の雛めぐり」25

壺阪山「町家の雛めぐり」26

壺阪山「町家の雛めぐり」27

壺阪山「町家の雛めぐり」29

こちらはオバチャン向けの洋服屋さんだったかな。
このように店内に展示をする事で、客を招き入れるという
スタイルを一貫して取っており、町興しの意識の
高さみたいなものを強く感じました。
壺阪山「町家の雛めぐり」30

ただ肝心の売ってる商品に、惹かれるものが少ないのが
一番の課題でしょうか。特産品を使った料理とか
お土産とかがあまり目に付きませんでした。
壺阪山「町家の雛めぐり」31

こちらのお店の展示は素晴らしかったです。
壺阪山「町家の雛めぐり」32

ミニチュアの工芸品とでも言いますか、まあ模型みたいな
もんです。これらが売り物かどうかは分かりませんでしたが。
壺阪山「町家の雛めぐり」33

壺阪山「町家の雛めぐり」34

ミニチュアの家の中を接写。非常に丁寧です。
壺阪山「町家の雛めぐり」36

壺阪山「町家の雛めぐり」37

そしてこのイベントのメイン会場に到着。
壺阪山「町家の雛めぐり」38

天段のお雛さま」です。圧倒されました。
写真では伝えきれないので、一度は是非見て欲しいモノです。
壺阪山「町家の雛めぐり」39

壺阪山「町家の雛めぐり」40

反対側にはつるしびななども。
壺阪山「町家の雛めぐり」41

さて会場への道の途中には、こんなものも。町興しの一環
でしょうか。石垣部分が淡麗で、窓なんかが一番搾りかな。
ビールのアルミ缶を使った高取城天守閣との事です。
壺阪山「町家の雛めぐり」42

そしてその直前には謎のかかし。
「親子牛 モーと鳴きそう でもカカシ」うーん深い。
壺阪山「町家の雛めぐり」43

最後のはともかく、久々に充実した観光をしたように
思います。ただ3月末までのイベントな上、16時には
終了してしまうので、行かれる際の下調べは入念に。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ