今年の秋、城東貨物の赤川橋梁が閉鎖されるという事で
ちょっと撮りに行ってきました。

なんか印象変わったかなーと思ったら、ただの板敷きだった床に
金属板が敷かれてました。以前行った時のはコチラ
城東貨物赤川橋梁2013-01

以前のは夏に撮ったものでした。
今回は寒風強く、極寒の中での撮影となりました。
城東貨物赤川橋梁2013-02

中州には浮浪者の住まいらしきものもチラホラ。
満潮時に渡れなくなったりしないのでしょうか。
台風では確実に沈みそうですし。
城東貨物赤川橋梁2013-03

線路はこんな具合です。
城東貨物赤川橋梁2013-04

チャリで渡る人、ランニングする人など利用者は様々です。
城東貨物赤川橋梁2013-05

で、待ちに待った結果ようやく来てくれました。
コンデジで目一杯ズームしてみました。
城東貨物赤川橋梁2013-06

そして近付いてから。たまたま人がはけてて良い感じに
スッキリ撮れました。直前にバカップルが前に陣取ったのですが
男性の方が気付いて移動して行きました。
こういう場所なので前に入るのも仕方はないのですが、
人が少なかったんでせめてもう少し離れた所に
位置取ってくれよと正直げんなりします。
城東貨物赤川橋梁2013-08

部分部分に雪が残ってました。どこから来たのでしょう。
城東貨物赤川橋梁2013-09

急いで撮ったのでどうでも良い位ナナメに。
これはこれでカッコ良い気もしたので使ってみたり。
城東貨物赤川橋梁2013-10

枕木も場所によっては金属っぽいものになってたりします。
やはりだいぶ老朽化が進んでいるのかもしれません。
城東貨物赤川橋梁2013-11

次の列車までしばらく時間があったので、周囲をうろつきました。
城東貨物赤川橋梁2013-12

城東貨物赤川橋梁2013-13

これは吹田側の河川敷の脇ですが、常に酷く渋滞してました。
最初は貨物の線路を踏切で横切る為かと思ったのですが、
どうもここの交差点が原因のようで。
akgw2013-15.jpg

akgw2013-16.jpg

ここは交通の便が悪いので来るのがちょっと大変です。
ダイヤが変わるとまた来にくくなりそうなんで、
無理してクソ寒い日にさっさと来てみました。
akgw2013-17.jpg

鳩も寒そうです。
akgw2013-18.jpg

かと思えば別の場所では餌付けされてたり。
akgw2013-19.jpg

餌ばら撒かれてたのが橋の近くだったので、
橋の側で待機しているだけで鳩が寄って来ます。
というか催促してきやがります。
akgw2013-20.jpg

赤川橋梁は今話題の桜宮高校から結構近い場所です。
城東貨物赤川橋梁2013-22

城東貨物赤川橋梁2013-23

城東貨物赤川橋梁2013-24

城東貨物赤川橋梁2013-25

そして百済側からの列車がやっと来てくれました。
ここでもたまたま直前に人はおらず。ただ撮る直前で
位置をかえた為、ややナナメってしまいました・・・。
城東貨物赤川橋梁2013-26

城東貨物赤川橋梁2013-27

城東貨物赤川橋梁2013-29

鉄橋にはナンバーが振られてます。
木造の部分関係なく、鉄橋の所だけでも味があるのですが
やっぱり完全に別の橋になっちゃうんですかね。
城東貨物赤川橋梁2013-32

そしてまた吹田側からの列車を撮って帰りました。
このおばはん、直前に入ってきて目の前で撮影を始めました。
チャリのおっちゃんは仕方ないとしてもねえ。
城東貨物赤川橋梁2013-30

今回の前2本は以前より振動も音も少ないように感じてました。
鉄板敷きになった為かと思ってたのですが、この列車の時は
飛ばし気味だったせいか迫力満点で通り過ぎて行きました。
城東貨物赤川橋梁2013-31

そして何故か妙な所に謎のビデオが。投げたのでしょうか。
城東貨物赤川橋梁2013-33

気にしないでおこうと思ったのですが、一応ズーム。
やはりよく分かりませんでした。
城東貨物赤川橋梁2013-34

私以外にも別の所で熟年の撮り鉄の方が、撮影直前に馬鹿っぽい
にいちゃんに目の前に入られて凹んでました。
後姿を撮ろうとした所で、目の前に入ってきてスマホで撮影って
そりゃあねえだろうって傍から見てて思いました。

なんて言いつつ最後の列車の時は、撮影直前に後ろでチャリのおばちゃんが
気を利かせて待ってくれたり。ほんとすんません。
皆様も写真を撮る時は周囲にご注意。フラッシュは論外です。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト