大阪弁天町にあった交通科学博物館と合体し、
真の姿となった京都鉄道博物館に先日行ってきました。
枚数が多いので2回に分割してご紹介します。

こちら側が入り口です。
合体する前はどうだったか、覚えていません。
真京都鉄博01

そしてこちら側の旧なんたら駅舎は出口専用となってました。
真京都鉄博02

博物館内部です。
ピカピカにおめかしした電車が並べられています。
真京都鉄博03

真京都鉄博04

この車両は弁天町にあったのを修復したものですかね。
梅小路には元々は無かったような気がします。
弁天町にあった他多くのボロッちい車両は廃棄されたのかな…
真京都鉄博05

こちらは大阪環状線の車両。
今でもちょくちょく利用しているものだけに、博物館に展示
されているのが、何か不思議な感じです。
真京都鉄博06

真京都鉄博08

そしてメインの屋内展示です。
真京都鉄博09

幌内鉄道の義経の復刻だとかなんとか。
奥の方に鎮座しておりました。
真京都鉄博11

真京都鉄博12

真京都鉄博13

真京都鉄博15

今回リニューアルオープンで目玉の一つとなっている
車両の底部が見られる展示です。
EF66とDD51の2つが見られます。
真京都鉄博16

真京都鉄博17

真京都鉄博18

真京都鉄博19

真京都鉄博20

真京都鉄博22

こちらの環状線頭部は扉の開閉機構などが見られるような
展示となってました。中から操作出来るようで、開け閉めして
遊んでる姿が見られました。
真京都鉄博23

真京都鉄博24

貨物のコンテナ。なんだかとても懐かしい。
真京都鉄博25

特急車両は入れませんが後ろから覗く事ができます。
真京都鉄博26

こんな感じです。この安っぽさがまた懐かしい。
よく電車酔いしてた感覚を思い出しそうになります。
真京都鉄博27

真京都鉄博29

真京都鉄博30

真京都鉄博31

シミュレーターは大人気で抽選方式となっているようです。
真京都鉄博32

真京都鉄博33

運転席の展示なのでしょうが、やけにシュールな画と
なっています。
真京都鉄博34

そんな訳で次回に続きます。
次回は屋外の扇形の車庫やら転車台やらをご紹介します。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト