前回に引き続いて和歌山電鉄での写真をご紹介します。
今回は終着駅の貴志駅です。

そしてこちらがたま駅長です。爆睡してました。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長01

今のは上段で、下段には別の寝床がありました。最近出来た部下ニタマのものでしょうか。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長02

ホーム側から見た貴志駅です。暖かみがありながらも綺麗な印象です。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長03

駅長の向かいにはカフェがありました。左手の階段の所がすぐホームです。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長04

更にちょこっと引いた場所から。ミュージアムと言う辺り、内部に何か展示が
されてるのかもしれません。私は結局なぜか入りませんでした。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長05

駅舎全体はなんとなく猫のかたちです。向かって左側にお土産屋さんがありますが
あとは撮った分だけでなにもありません。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長06

一時間近く周辺をうろついてきましたが、戻ってきたら左右逆になってました。
直前まで起きてたらしく半目のような状態です。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長08

和歌山電鉄貴志駅とたま駅長09

貴志駅のホーム上にはこのようなものがあります。
和歌山電鉄にはたま電車、おもちゃ電車、いちご電車の3つの特殊ペイントの
車両があるので、これらはその成功を祈願したものかと思います。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長10

和歌山電鉄貴志駅とたま駅長11

ホームの上をうろついた後、駅長を見に行くと更に眠そうになってました。
まあ結構な年齢だそうですし、猫は夜行性ですからね。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長12

駅舎自体は小さかったのですが、結構色々凝ってました。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長13

和歌山電鉄貴志駅とたま駅長15

さて貴志駅出発直前に撮ったものです。また爆睡かよという。
「ガラス叩かないで・フラッシュたかないで」と注意書きがありましたが、
そうしたくなる気持ちも分かります。実際やる人が居るんでしょうけど、
ストレスで寿命が縮んだりするんでマジでやめましょう。
和歌山電鉄貴志駅とたま駅長16

ニタマも見てみたいもんですが、さすがにそれだけの為に来るのはイヤです。
来年とかに別のペイント車両が出来たりしたらまた見に来ますかね。

次回は貴志駅周辺の写真をご紹介します。貴志川が予想以上に綺麗でした。
スポンサーサイト

和歌山電鉄貴志駅周辺

和歌山電鉄のたま電車・おもちゃ電車など

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)