先日実家で産経新聞を幾つか読みました。今回は特に気になった記事を元に
所感などを書きます。ブログの趣旨からも外れるので本来望ましくはないのですが。
元ネタの記事は3月上旬~中旬までのものを元にしています。

相変わらずの外交姿勢と、原発問題の記事です。
原発は資金繰りのプランについて主に書かれていますが、相変わらず大甘な前提で
乗り切る算段のようです。
産経新聞眺めてて-201203-03

東電だけでなく政府も意図的に責任を放棄しようとしたようです。
まあ分かりきっていた事ではありますが。
産経新聞眺めてて-201203-04

こちらは復興状況の一覧です。現在の本当の状況はなかなか掴み難いものですが、
このような図があると非常に分かり易くなります。
産経新聞眺めてて-201203-05

こちらは日本全国の原発の稼動状況です。
鳥取では地震を呼ぶと言われる魚や深海魚、鯨などが浜に打上げられたりし
関東方面ではプレートの沈み込みも加速しているようです。
地震の振動と津波への対策くらいは完璧な状態にして欲しいものです。
産経新聞眺めてて-201203-06

福島はチェルノブイリと同レベルの状況になってしまった訳ですが、
そもそも天災ではなく、人災ではないでしょうか。
歴代原子力保安委員の責任は?歴代東電幹部の責任は?
原子力保安委員の人間は各地の電力会社に天下ってるそうですね。
産経新聞眺めてて-201203-08

このような状況を作り上げてきた自民、それを放置し続けた民主
共に極めて膨大な責任があります。
産経新聞眺めてて-201203-09

原子力保安委員に至っては、かえって安全推進を妨害したと記事にはあります。
歴代の保安委員のメンバーは福島に行って切腹すべきですね。
産経新聞眺めてて-201203-10

政権交代を経て結局自民の頃となんにも変わらなくなってしまいました。
ささやかな体裁を取り繕う事すら失敗してしまった格好です。
産経新聞眺めてて-201203-11

さてここからは大阪についての内容がメインとなります。

交通局労組が勤務時間中に平松氏を応援する選挙活動をしていたようです。
最近こちらではずっと立て続けに新聞に載っていたみたいですね。
産経新聞眺めてて-201203-01

大阪府警の警部補の不祥事です。飲酒取締り実績の6割を占めてたそうですから
明らかにバレバレだったと思うのですが。
まあスピード違反等の取り締まりも怪しいもんですから今更ですけど。
産経新聞眺めてて-201203-02

橋下市長になってから急速に不祥事がボロボロ出まくってます。
平松市長の時には何も無く、選挙では各有力政党が平松氏を応援してましたが
さて問題の根はどのくらい深いのでしょうか。
産経新聞眺めてて-201203-13

産経新聞眺めてて-201203-14

産経新聞眺めてて-201203-15

産経新聞眺めてて-201203-16

原発問題にしても大阪市の不祥事にしても、あまりに多すぎて
どんな事があったのか掴みきれない状況です。

どんな事実があったのか、何が関わってるのか落ち着いた所で
一覧などが示されると非常にありがたいですね。
スポンサーサイト

日本橋ストリートフェスタ2012-その1

猫とか鹿とか鳥とか

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)