新しい年度となった昨今、今までに無いくらい様々な出来事が世を賑わせてます。
4月中旬の産経新聞の記事を元に所感などを今回は書きます。

鳩ぽっぽ・ダメ菅に続いての野田政権ですが、思えば就任して真っ先に行なったのが
議員宿舎建設の凍結解除でした。それから何の成果もなし得ないままに
消費税増税をゴリ押ししつつ、赤坂議員宿舎の賃料値下げなんて事をしているようで。
産経新聞流し読み01

さて先日北朝鮮の弾道ミサイルが発射されました。
打上げは失敗し、墜落した黄海には大量の有害な燃料が撒き散らされたとか。
日本は日本で情報伝達で失態を犯したり、防衛大臣が余計な事したり。
産経新聞流し読み03

原発については大飯原発の再稼動がなぜかゴリ押しで進められています。
2015年を目処に完了する対策なども盛り込まれてるのに、
この夏に再稼動させてしまっても大丈夫なんでしょうかね。

ちなみに4月18日の福井新聞にはこんな記事も出ていました。
やっぱり県民の意向は後回しで、上が強引に進めてる印象ですね。
産経新聞流し読み04

そんな中地味にこのような技術も開発されたりしています。
震災ガレキで汚染土を保管する技術との事です。今こうしてる間にも
福島では更に放射能が飛散していますし、将来をきちんと考えるならば
このような研究は非常に有用なものと思われます。

ところでアタの雑記さんの所で興味深い記事が紹介されてました。
東日本大震災の震災ガレキの受け入れについて、福井県が最も消極的な回答を
したとのこと。もしかすると担当部署のささやかな反抗なのかもしれません。
産経新聞流し読み02

さて産業の国際競争力の低下などが言われる昨今、このような取り組みも
紹介されていました。根本的なニーズの再発掘を産学連携で行なうって事ですかね。
大学生にとっては就職活動は非常に時間と労力を消費します。
そのエネルギーを研究の時間に、って狙いでしょうかね。
産経新聞流し読み06

さて京都の祇園では暴走車が次々に人をはねるという事件がありました。
容疑者の方はてんかん持ちだったそうですが、どうもてんかんの発作は
関係無いようで。配達業との事でしたが、忙しすぎる中配達が時間に
間に合わなくて、焦ってる所に将来への希望も失ってヤケクソに
なったのかなと思ったり。通勤電車に飛び込むような心境だったのかも。
産経新聞流し読み05

そんなニュース一杯の中、石原都知事が尖閣諸島の購入を表明しました。
これで国が「それは日本の国(政府)が行なうべき事だから」と言って
乗り出すのが理想形ですが、外務省には何も出来ないでしょうね。
都にはついでに竹島も買ってくれると有り難いんですけど。
産経新聞流し読み08

話変わってスマホについてです。スマホってもはやパソコン同等の機能を
持っています。その位柔軟なプログラムが起動する訳で、パソコン同等の
セキュリティ対策をすべきなのですが、実際にはそこまで至っていません。
しかもネットワークには常時接続してます。大丈夫かいな。
産経新聞流し読み09

世の中都合の悪い事は不思議なくらい重なるもんです。
その原因は動揺や焦りなど人為的なミスによるものも多いのですが、
明らかに理不尽な自然現象もしばしば友達を連れてやってきます。

地震等についても「最悪の想定」が増えていますが、良い事だと思ってます。
スポンサーサイト

鴨川の桜~白峯神宮

京都の桜2012-下鴨神社

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)