出不精の私にとって滋賀なんてのは遠方の地。
去年か一昨年辺りの桜の頃に、ここ安土城跡に入り損ねてから
いつかまた来ようと思ってたのですが、先日ようやく来れました。

入場早々、やや急な石段が延々と続きます。
この先右手に伝前田邸跡、左手に伝羽柴邸跡、更に右手に伝徳川邸跡と続きます。
ねんがんの安土城跡01

羽柴秀吉邸跡と言われている所です。石垣が綺麗ですが、屋敷らしき跡は
何も残ってません。
ねんがんの安土城跡02

同じく秀吉邸の1段上に当たる場所です。少しだけ桜らしき木が見えます。
ねんがんの安土城跡03

安土城跡内ほぼ唯一の桜ポイントです。總見寺仮本堂(伝徳川家康邸跡)と
されています。ここの正面から撮った写真は前回に載せています。
ねんがんの安土城跡04

最初に見えてる分の石段を上がりきった所から。
まだ序の口ですが、既に結構良い眺めが見られます。
石段は急角度で一段一段が大きいので、見た目以上に辛かったです。
ねんがんの安土城跡05

伝武井夕庵邸跡、のはずです。古井戸があるようですが見てません。
ねんがんの安土城跡06

以下延々と山道を登って行きます。
ねんがんの安土城跡08

ねんがんの安土城跡09

ねんがんの安土城跡10

そろそろ本気で辛いと思い始めた頃、ようやく天守閣跡付近まで来ました。
黒金門跡、地図の左下端の所ですね・・・
ねんがんの安土城跡11

天気は快晴で、景色としては言う事なしの状態でした。
この辺りから石段は若干なだらかになってたかもしれません。
ねんがんの安土城跡12

仏足石というものだそうです。Wikiによれば、お釈迦様などの足跡を
石に刻み信仰の対象としたもの、だそうです。お賽銭なども置かれてました。
ねんがんの安土城跡13

この安土城、石垣が非常に綺麗でした。石好きな方には一度
訪れて欲しいものです。大阪城と比べると非常にアバウトな感じですが
崩壊していない以上かなり安定しているのでしょう。
ねんがんの安土城跡15

二の丸跡にある信長公の本廟です。
ねんがんの安土城跡16

ねんがんの安土城跡17

ねんがんの安土城跡18

苔むした石垣に日光が当たって良い感じです。
ねんがんの安土城跡19

石垣の上から斜面を適当に撮ってみました。
実際の戦国時代にはこれにトラップを組み合わせたような所を
邪魔されながら、足軽達は登らされたんですよねえ。
ねんがんの安土城跡20

整理してもなお写真の枚数が多かったので、前後編に分けてます。
次回、後編では天守閣跡~下山途中の写真をご紹介します。
スポンサーサイト

ねんがんの安土城跡 後編

安土の桜2012

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)