前回脱線しましたが、今回は工事中の姫路城を見に行った写真の
続きをご紹介します。

工事前に使われていた柱が展示されてました。
白鷺城工事中その2-01

石垣は場所によって結構雰囲気が違います。細かい石を無理矢理詰め込んで
いるような場所とか、比較的丸みのある石を多用している場所とか。
この辺りはゴツゴツした感じで、大きさがかなりバラけてる印象です。
白鷺城工事中その2-05

こちらの櫓は今まで公開されてなかった所だそうで。
白鷺城工事中その2-02

おもてには各代毎のしゃちほこが展示されてました。
白鷺城工事中その2-03

内部は出土品などが展示され、一角には甲冑が飾られていました。
本当にこんなの着て戦ってたんでしょうかね。重そうですが。
白鷺城工事中その2-04

櫓は他にも幾つか公開されていました。中にあるのは多分井戸です。
かなりの期間篭城できる仕組となっていたようですね。
白鷺城工事中その2-06

姫路城の全体図ですね。資料としてもっと古そうな紙面のものも
別に展示されていました。どこからどう攻めれば落とせるかを妄想したり
なんかすると結構楽しいかもしれません。
白鷺城工事中その2-08

家紋入り瓦を集めたものですかね。改修工事を担当した大名の家紋とか
紹介されていたように記憶しています。
白鷺城工事中その2-09

こちらは西の丸をグルッと囲う櫓です。内部も公開されていました。
ワの櫓~レの櫓~ヲの櫓~ルの櫓~ヌの櫓~化粧櫓と歩く事ができます。
白鷺城工事中その2-10

白鷺城工事中その2-11

白鷺城工事中その2-12

景観に配慮した消火栓です。評価したいようなちょっと違うような。
もやっとする光景でした。
白鷺城工事中その2-13

西の丸長局という長い廊下への入り口部分です。ル~ヌの間みたいです。
白鷺城工事中その2-15

櫓内部は当然土足禁止なのですが、靴下だと凄く滑ります。
懐かし~い感じの板張りの床となってます。
白鷺城工事中その2-16

白鷺城工事中その2-17

微妙にワクワクする名前ですが、確か女中の部屋だったと思います。
白鷺城工事中その2-18

このような部屋にはちょっとした展示がされていたりしました。
白鷺城工事中その2-20

こちらは出口付近の化粧櫓です。千姫ゆかりの場所だという事です。
内部は畳の部屋となっていました。
白鷺城工事中その2-19

化粧櫓の出口から降りていく階段には、いかにも付けたばかりという
感じの手すりが付いていました。バリアフリーを目指すのはいいのですが、
櫓内部は一本道で昔ながらの急な階段があったりして、あまり意味が無く
景観を損ねているだけのように感じました。

堀の水が結構濁っていたり、所々で風情を損ねる形となっていたり、
潤滑な工事の為に必要な部分もあるとは言え、配慮に欠ける点が
多くみられました。工事が終わってからもそのような景観のままだと
国宝且つ世界文化遺産としては残念なものとなりますね。
美しい白鷺城の姿がまた見られる事を願います。

------------------------------------
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

姫路ゆかたまつり

ケルバーダイン再改造

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【白鷺城工事中 その2】

前回脱線しましたが、今回は工事中の姫路城を見に行った写真の続きをご紹介します。工事前に使われていた柱が展示されてました。石垣は場所によって結構雰囲気が違います。細かい石...

trackback avaterまとめwoネタ速neo

2012-06-28 16:15