最近大雨やら熱暑やら異常気象が続いていますが、政治・経済の崩壊っぷりも
今までに無い異常さが見られるように思います。
そんな訳で最近の産経新聞を眺めて思った事などを書いていきます。

東日本大震災が2011年3月11日に起こり、1年半ほど経ちますが
イマイチ復興の気配は見えません。復興して欲しい(需要)と仕事が欲しい(供給)が
共にあるはずなのですが、復興費すら余る始末。収束したんですかね。
産経新聞眺めてて-2012年7月-01

そして政治の方は自民時代に逆行しているかのような状況。
まあ野田総理が就任して最初にやった事が議員宿舎建設の凍結解除ですからね・・・
民主党に見切りを付けて荒稼ぎしようってところでしょうか。
産経新聞眺めてて-2012年7月-02

政治は基本的には昔と何も変わってないのでしょうが、経済や外交関係など
周囲を取り巻く環境が極端に劣化しています。相対的に日本国内の情勢は
底なし沼にはまり込んだような状況になってます。
産経新聞眺めてて-2012年7月-03

景気というものは貧乏人が金を使う事で流れるようになります。
現在のような金持ちだけが肥え太るような状態では景気が上向く訳
ないんですね。必然の不景気なんですが、改善の見込はありません。
産経新聞眺めてて-2012年7月-04

株というのはギャンブルです。例えばある100円の会社の株が、事業拡大等で
利益が増えて120円になれば1株あたり20円儲かります。でも現在のような
成長の見込めない状況では、単純な株の売り買いでは利益が出ません。
120円で売り付けた株を80円で買い戻すような、同じだけ誰かが損をする形
ない限り利益は出ません。その損をしてるのは、退職金を運用させてる個人投資家や
各年金基金等です。そして儲けてるのは証券会社に天下った役人達です。

不祥事等である株が暴落する寸前、情報が出回る前に大きく謎の下落をする事って
割と日常茶飯事なんですが、正直今更かよって感じです。
産経新聞眺めてて-2012年7月-05

京都の暴走事故後も該当する法律について、改正されたという話は聞きません。
下らない法案は、茶番劇を展開しつつ迅速且つ強引に通すんですけどね。
せめて表面的なパフォーマンスだけでもしてみせれば良いと思うんですが。
産経新聞眺めてて-2012年7月-06

これからはより自分の身を自分で守らければならなくなっていきます。
玄関のドアを開けっ放しになんか出来なくなってしまいました。
産経新聞眺めてて-2012年7月-07

大阪府警も不祥事が相次いでましたが、京都もたいがいですね。
明石花火大会歩道橋事故は兵庫県警でしたか。
産経新聞眺めてて-2012年7月-08

大津のいじめによる自殺問題は最近もっとも注目されているニュースだと
思いますが、私が中学生の頃ってもっと酷かったんですよね。全国的に。
その頃から特に対策されてない以上、そりゃこんな風にもなります。
先生には大した権限がありません。警察も表立って被害が出るまで動けません。
とは言え、家を荒され、金を引き出された時点で対応できたはずなんですが。
産経新聞眺めてて-2012年7月-10

教職員も警察官も「仕事」です。しかもどちらかと言うとブラック企業的な
待遇です。責任は個人で抱えなければなりませんし、労働時間帯は不規則だし
プライベートも大きく制限されます。そこに情熱とモラルとコミュニケーション
能力の優れたタフな人をたくさん揃えるってのに無理があると思います。
産経新聞眺めてて-2012年7月-11

さて以前から言われてますが、やっぱりスマホは舐めてると危険です。
OSもそこまで枯れてないでしょうし。なるべく重要なデータは
多く入れない事をオススメします。
産経新聞眺めてて-2012年7月-12

さて日本が底なし沼にはまってる間に、外国からの圧力は高まっています。
外交の駆け引きとしては当然とも言えます。戦略上、位置的にやっぱり
重要なんですよね。島国ってのが更にややこしくしていたりします。
産経新聞眺めてて-2012年7月-13

中国は国民への鞭を最近更に強めてる印象ですが、マグマの蓄積量は
増えてる気がします。日本同様、飯が食えてる間は大きな動きは
無いでしょうけど。中国人自体が凄く刹那的と言いますか、
その日暮らしな国民性に見えるんで、足並みが揃わなさそうな。
産経新聞眺めてて-2012年7月-14

さて関電は大飯原発を稼動させました。福島のメルトダウンが津波によるもの
だったらまあ一時稼動はやむを得ないと思うのですが、地震で溶融していたら
強度に劣る大飯なんてもっと大惨事になりそうです。計画停電は経済に甚大な
損失をもたらすものですが、次に事故ったら原発は全部ストップとなるでしょうから
今のうちにポートフォリオをしっかり組んで欲しいもんです。
産経新聞眺めてて-2012年7月-16

関電の株主総会では大阪・神戸・京都の提案は全て否決されたそうです。
ってか東電の総会を見て初めて知ったのですが、提案の採否は挙手を人手で
数えるもんなんですね。票操作し放題じゃないですか・・・唖然としました。
産経新聞眺めてて-2012年7月-17

日本が本気で沈みかけてるってのに、未だに電力会社の上層部と
議員・官僚は既得権益を守る方が大事なようで。国益を損ねる
売国奴と言われても仕方ないと思うんですが。
産経新聞眺めてて-2012年7月-18

東電もやはり同様で。値上げをするなら子会社も含めた役員数と役員報酬を
公開すべきです。また企業向けの電気料金も上限と下限はある程度公開すべき
でしょう。官僚の天下り先にはタダ同様って事も考えられますから。
産経新聞眺めてて-2012年7月-19

で、まあ現場で作業する人間の扱いはこんなもんなんですよね。
そして値上げ幅圧縮の為のコストカットはこういう所から行なわれます。
役員報酬のプライオリティーは最後というのが相場です。
産経新聞眺めてて-2012年7月-20

次課長河本で話題になった生活保護の問題はどうなりましたかね。
片山さつき議員が大改革を進めてるとか聞きましたが。
産経新聞眺めてて-2012年7月-21

上の記事にもありましたが、随意契約(競争無しの指名制)ってのは
無駄に税金を大判振る舞いする事になるので、支出の拡大を招き
国民生活に悪影響を与えます。天下りの弊害は多岐に渡るものです。
産経新聞眺めてて-2012年7月-22

橋下市長が文楽に喧嘩を売った件ですね。最近のものです。
要は文楽に興味のない人からどう見えるかを言いたかったんでしょうが、
言葉足らず過ぎですね。マイナー文化ならサークル作って自分らだけで
やるべきで税金でぬくぬくすんな、せめてスーパー歌舞伎とかみたく
裾野を広げる工夫位しろって事でしょうが、こんな記事となってしまいます。
産経新聞眺めてて-2012年7月-23

こちら実家にあった日本共産党?のちらしです。確かに橋下市長は
叩かれる要素もたくさんあるのですが、他の政党が明確な代替案を
示さないんですよね。揚げ足取るだけなら誰にでも出来るのですが、
破綻した財政を立て直すという目標に向けたプランが出て来ない。
こんなのよりも無くすべき事業一覧表を作って欲しいもんです。
産経新聞眺めてて-2012年7月-30

さてたまには明るい話題でも眺めてみましょう。
産経新聞眺めてて-2012年7月-33

産経新聞眺めてて-2012年7月-34

こちらも上層部がクソなのは共通してるんですよねー。
スポーツ選手のピークは28歳前後な訳なんですが、どうも阪神は
30歳過ぎからが本番と思ってる節があります。

ファームには調整以外には指導役と若手しか必要ありません。
一軍は期待の若手とベテランを、ほど良くミックスして使うべきです。

他にも不満は腐るほどありますが、阪神は一度落ちる所まで落ちるべきですね。
スポンサーサイト

日本橋オタロード近辺

通天閣・新世界近辺2012

comment iconコメント ( 2 )

シーラカンス

  20世紀の遺物もまだ現役頑張ってますねぇ。

 チン電の木造車両のように、大事にされているのでしょうか?

 学生時代の友人を思い出します。

 オリンピックの最中に、今でも「日の丸反対!」叫んでいるのかなぁ?

 それとも、既に博物館で冷凍保存されているのかなぁ?

 

名前: 某弱武人 [Edit] 2012-08-02 11:24

Re: シーラカンス

伝統や文化など歴史を形作って来たものは可能な限り残されるべきだと思いますが、
現在や未来を犠牲にしてまで守るべきものとはないと思っています。

綱渡りレベルの危機を迎えている今、優先すべきものを間違ってはならないでしょう。

名前: ken147258369 [Edit] 2012-08-04 22:45

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)