今回は久々にSAIで描いたお絵描きの私流手順などを紹介してみます。
タイトルはただの駄洒落です。駄目な洒落と書いて駄洒落です。で、
私はフォトショ使った事無いので、それが前提となった内容になってます。

碧の軌跡の発売後にファルコムでイラコンが開催されました。
その時に描いたイラストの手順をご紹介します。基本的には我流です。
ちなみに結果は何の賞にもかすりもしませんでした。
SAIで描きなSAI01

とりあえずはラフで大雑把な構図を決めます。
どういう絵を描きたいかの目安です。キャラは軌跡シリーズ
人気キャラのレン・ティオ・ティータのメカ大好き3人です。
SAIで描きなSAI02

これに線画を取る為のラフを、今度はもう少し丁寧に描きます。
ここが適当すぎた為に後々苦労するハメに・・・
SAIで描きなSAI03

ラフを元に線画を取ります。線画を取る段階ではラフをなぞるだけ
位まで詰めてないと色々齟齬が生じますね。私の場合。
SAIで描きなSAI04

当初もう少し上から眺めるような構図でしたが、紆余曲折あって
目線をだいぶ下げました。この時点でパースと言いますか
遠近感の描写が若干破綻しかけてます。
SAIで描きなSAI05

左のティータが上から見下ろした感じなのに、右のティオが
正面から見た形に近いんですよね。何が悪くてどうすれば
良いかが分からないと、ペンタブを投げたくなってきます。
SAIで描きなSAI06
色々問題を抱えつつ、微調整しながらベースになる色を塗り分けました。
影やハイライトを付けて行きますが、SAIの仕様を理解しておくと楽です。

まず上層レイヤーの色が上に来て、透明度100%ならば下と混ざりません。
緑を塗ったレイヤーは50%にしているので、下の層と混じっています。
但し桃色のように100%のレイヤーでも、ぼかすと下と混じります。
橙を塗ったレイヤーは下層のレイヤーをクリップしており、
紫の塗られた所だけ色が出てます。服などの影塗りに特に便利です。
SAIで描きなSAI08-2

・・・という訳で影やハイライト、背景などを塗って一旦完成。
自分の絵って描いた直後は特に客観的に見られないので、
一日ゲームでもやって再度チェックします。
SAIで描きなSAI09

更に微調整を加え、PC画面からの光の反射などを加えて完成です。
反射無い方が良かったかなあ。
SAIで描きなSAI10

その後イラコンの規約を見直した所、サイズが480×640?の
縦長限定と判明。急遽ツァイトなどを加えて無理矢理縦長に。
悲惨な作業でしたが、色々勉強にはなりましたw
SAIで描きなSAI11

私の場合ベースカラーのレイヤーをクリッピングして、影やハイライトを
付けるようにしています。直接不透明度保護をチェックして塗っても
良いのですが、分けておくと最後の調整の時に楽です。
SAIで描きなSAI12

レイヤー毎で色相や彩度・濃さなどを変えられるので、それぞれを
微調整するには非常に便利だったりします。
SAIで描きなSAI13
ところで軌跡シリーズ新作の那由多の軌跡は良く出来た凡ゲーという
評価が多いようで。操作に部分的に難があるのと、脇役の存在感が
希薄という辺りが不満点としてよく見られます。作り込み次第では
もっと良くなった印象なので、勿体無いですね。私?様子見組です。

さてここからは私が最近SAIで描いた絵などを。FF6の魔列車です。
鉄道と言いますか、電車絡みの絵を書きたいと思っててこんな感じに。
魔列車で逝く

こちらオリジナルな感じに妖怪列車を妄想してみました。
日本家屋とだんじりのMIXなイメージです。
光源と影を変に意識し過ぎてグダグダに。自滅した格好です。
妖怪列車が行く

相互リンクをして頂いている、サテライトなスパークさんのようなアニメ塗りを
試したり、水彩っぽい雰囲気を試したり、まだまだ模索中といった状態です。

目標としているバーニア600さんも、そのうちHJ書籍で画集を出すはずなので
しばらくは電車絡みの絵を描いてみようかと思ってます。

------------------------------------
一度クリックして頂けるとヒジョーに嬉しいです
にほんブログ村 イラストブログ SAIへ
スポンサーサイト

阪堺電車路面の猛暑

城東貨物JR放出駅周辺

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)