ちょっと紅葉フライングで嵯峨・嵐山に行ってきました。
写真がカオスな状態なので、今回は嵯峨野トロッコの写真をご紹介します。

まずは踏切で。1時間に1往復だけなのですが、たまたま遭遇しました。
嵯峨⇒亀岡への列車は、最後部を頭にしてディーゼルが押す形で
走っていました。なのでこちらが最前部の状態です。
嵯峨野トロッコ列車01

こちらが末尾の状態でした。見栄えとしては、やや残念。
嵯峨野トロッコ列車02

続いてしばらく周辺を散策した後に、亀岡⇒嵯峨への列車を
撮影する事にしました。で、まあ見つけたのがコチラの上から
見下ろす感じのポイント。トロッコはJRの線路に乗り入れてるようですね。
嵯峨野トロッコ列車03

場所がトロッコ嵐山駅の近くなので、駅に止まってる状態が見えました。
デジタルズームで強引に撮ったのがコチラ。この写真を見る限りでは
ホーム上から停車中のを撮るのは大変そうです。入場券を買って
トロッコの撮影だけする人も割と居るみたいですけど。
嵯峨野トロッコ列車04

で、まあ本命の写真がコチラ。許容範囲内かなあと。
難しい角度からややこしい撮り方をした為、失敗気味なのだと
自分に言い聞かせ続けています。
嵯峨野トロッコ列車05

続けて撮ったこの写真の方がシンプルで良かった気も・・・。
気のせい気のせい。
嵯峨野トロッコ列車06

続いて、嵯峨⇒亀山の列車が20分弱で折り返して来るのを狙って
最初のとは別の踏切へ。またこっちが頭で押されて行きます。
嵯峨野トロッコ列車08

ディーゼル車の末尾を本命として、狙っていたのですが
ご覧の有様です。奥の方が綺麗に合ってるとかナニコレ。
嵯峨野トロッコ列車09

最大ズームで停車直前のを強引に撮影。人だらけです。
撮り鉄の人だかりではなく、多分乗客だと思います。
嵯峨野トロッコ列車10

この時で1時間・2時間先の乗車券が完売状態でした。
駅員さんとちょっと話をしましたが、やはりすぐ売り切れて
しまうそうで。嵐山付近は良いポイントも少なそうなので
良い写真を撮りたい人は、事前調査必須でしょうね。

------------------------------------
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

秋の嵐電なんですが

叡電にてかぶりつき

comment iconコメント ( 4 )

おはようございます

叡電に続き嵯峨野トロッコ列車も撮影されてきたのですね。

紅葉には少し早かったようですが、それでも乗車券がすぐ売り切れになるとはすごい人気ですね!

もともとトロッコの路線は国鉄JR時代の山陰本線でした。
山陰本線の電化複線化によって一度は廃線になったものを、トロッコの社員さんたちが総出でもう一度走れるように整備し直したものなのですよ。

しかしいろいろな角度から撮影されていますが、かなり厳しい条件のように感じました。

JR山陰本線の保津峡駅からですとお手軽にトロッコ列車の撮影ができるみたいですよ。

名前: kaz_eg6 [Edit] 2012-11-11 11:16

こんばんは。

嵯峨野観光鉄道の「トロッコ列車」ですね。

自分は違う目的で今年の4月にトロッコ嵯峨駅に行きましたが、この「トロッコ列車」は数か月前から予約しないと乗車できないという、大人気の列車です。

写真を拝見して、「いろいろと工夫して撮影したんだな」と思いました。

自分も機会があれば、このトロッコ列車に「乗り鉄」と「撮り鉄」したいと考えています。

名前: 京阪快急3000 [Edit] 2012-11-11 17:24

Re: おはようございます

こんばんは。

なるほどそういう経緯があってJRの路線に乗り入れてるんですね。
廃線になったものがこれほど大人気になるってのも、JRには色々ビジネス的に
検討して欲しいもんです。

ただここまで人気の列車とは正直思ってませんでしたw
嵯峨-嵐山で撮ろうとすると厳しそうなので、この時期に本気で撮るなら
全ての区間を検討すべきかもしれません。

名前: ken147258369 [Edit] 2012-11-11 20:18

Re: こんばんは。

こんばんは。

数ヶ月前から予約が必要ですかw
紅葉シーズンだとみんな考える事が同じなんですね。
「乗り鉄」に「撮り鉄」は結構覚悟が必要かもしれません。

相互リンク頂いてる鉄道PHOTOさんの所でだいぶ前に、トワイライトエクスプレスが
雪景色の中走ってる写真を見ましたがとてもよく映えてました。

これぐらいパリっとしたカラーなら雪景色が似合うかもしれません。
・・・と他人にはさらっと言ってみたりw

名前: ken147258369 [Edit] 2012-11-11 20:23

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)