先日京都嵐山に行った際の、嵐山駅近くでの写真をご紹介します。
先日と言っても半月以上前の状態ですが。

こちらは乗車駅の京橋で撮った洛楽です。
嵐山の紅葉2012秋01

そして嵐山の駅から出た所です。
ここまで乗ってきた嵐電等については以前アップしております。
嵐山の紅葉2012秋02

嵐山の紅葉2012秋03

舞妓さんらしき方達も。嵐山ではやはり珍しいみたいですけど。
嵐山の紅葉2012秋04

京おばんざいバイキング ぎゃあてい」とあります。
駅前付近にも色々な見所?があるので、来る方も色んな楽しみ方ができるのでしょう。
嵐山の紅葉2012秋05

こちらはちりめん細工のお店です。
嵐山の紅葉2012秋07

嵐山の紅葉2012秋08

やはり名所周辺の駐車場は満車ばかりでしょうね。
嵐山の紅葉2012秋09

繭人形というのもありました。興味はありましたが、中までは見てません。
嵐山の紅葉2012秋10

えらい行列が出来てます。ゆばのお菓子とか目当てですかね。
こういう場所で無ければ興味も沸かないもんですけどw
嵐山の紅葉2012秋11

大本山天龍寺とあります。先ほど駐車場が一杯だった所です。
嵐山の紅葉2012秋13

とりあえず入ってはみたのですが・・・。
嵐山の紅葉2012秋14

紅葉には早過ぎるタイミングだったにも関わらず、人だらけで
天気もイマイチだったので、入口で引き返してきました。
嵐山の紅葉2012秋15

入口付近で見れた数少ない良かった木です。
嵐山の紅葉2012秋16

天龍寺を出て、嵯峨野の方へ歩いていった途中には工事中の場所も。
外人さんなんかが見るとガッカリしそうなブチ壊しっぷりです。
まあ日本の名所は色々行き届いてない場所ばかりですけどね。
嵐山の紅葉2012秋17

更に歩いて行くと、歩道が無くなってきました。
人力車も通るし、自動車で来るのも大変でしょうね。
なので旅行にはやっぱり電車ですね!
嵐山の紅葉2012秋19

嵯峨野に近い辺りだったかな?お店の雰囲気自体は好きですが、
京都らしさの欠片も食い物が結構あったりw
嵐山の紅葉2012秋22

こういう行列を見るとついつい釣られて食べたくなってしまいます。
嵐山の紅葉2012秋21

露店ではこんなつっかけなんかも売られてました。
やっぱり和風な絵柄って私は好きですね。
MadeinChainaとか書いてない事を祈りたい所ですw
嵐山の紅葉2012秋20

こういう傘も綺麗ですが、やっぱり絵に描いたような京和傘とか好きです。
欲しくはないですけど。
嵐山の紅葉2012秋23

ようやく写真の整理が少々出来たので、アップできました。
嵯峨野で撮った写真もさっさと整理します。

------------------------------------
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

嵯峨野近辺景観

くだらないネタ画像など

comment iconコメント ( 2 )

これぞ日本の風景!!

京都嵐山の紅葉

実に良いモノを拝見させていただきました!!!
岡山は最近、天候に恵まれておらず、なかなか景色を楽しむ事が出来ずにおったので、感慨もひとしおです♪


☆前の記事に書かれていた、日本の現状ですが・・・

危機感を感じ、真剣に考えていらっしゃる事が伝わり、感銘を受けました。

来月の衆議院選挙

個人的に、一番馬鹿らしいというか、虚しい思うのが
どの政党・政治家を選ぶかの基準が
『最良』ではなく『一番まし』か、ということです。

金に汚くても、人格に問題あっても

日本の国益、日本人の事を本当に心の底から第一に考えてる人なら、応援したいのですが・・・

名前: ま・くべぇ [Edit] 2012-11-24 10:02

Re: これぞ日本の風景!!

お褒め下さり、ありがとうございます。
ただ紅葉に関してはもう少し良さが伝えきれなかったという印象です。
2010年に撮ったこちらなんかは鮮やかだったんですが・・・
http://kiyotoki9821.blog31.fc2.com/blog-entry-31.html
http://kiyotoki9821.blog31.fc2.com/blog-entry-41.html

日本の現状に関しては、あまりにもあからさまに酷いもんで
ついついはけ口が欲しくなってしまいます。
政治家や官僚のやってる事が、バブルの前から大して変わっておらず
なんの危機感も見られない辺りに苛立ちが募ります。

名前: ken147258369 [Edit] 2012-11-24 22:54

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)