前回までここ数回、京都嵐山に行った際の写真をご紹介してきました。
今回はその際嵐山まで乗った、嵐電でのかぶりつきをご紹介します。

こちら嵐電の運転席です。と言っても連結してる側ですけど。
嵐電走行中2012秋01

ここからが西院~嵐山辺りのかぶりつき模様となります。
撮った順通りに並んでます。
嵐電走行中2012秋02

嵐電走行中2012秋03

嵐電走行中2012秋04

嵐電走行中2012秋05

嵐電走行中2012秋06

嵐電走行中2012秋08

嵐電走行中2012秋09

嵐電走行中2012秋10

嵐電走行中2012秋11

嵐電走行中2012秋12

嵐電走行中2012秋13

嵐電走行中2012秋15

嵐電走行中2012秋16

嵐電走行中2012秋17

嵐電走行中2012秋18

太秦広隆寺駅だったはず。見えてるお寺が広隆寺かな。
嵐電走行中2012秋19

嵐電走行中2012秋20

嵐電走行中2012秋22

嵐電走行中2012秋23

嵐電走行中2012秋24

嵐電走行中2012秋25

嵐電走行中2012秋26

嵐電走行中2012秋27

嵐電走行中2012秋29

嵐電走行中2012秋30

嵐電走行中2012秋31

嵐電走行中2012秋32

嵐電走行中2012秋33

嵐電走行中2012秋34

最初四条大宮から乗った際、かぶりつきの位置には乗車前から車椅子の方と
その付き添いらしき方×2がいらっしゃいました。折り返しの時に降車せずに
そのまま陣取られたみたいです。不運ではあったのですが、可能な限り
詰めるでもなくデンと真ん中に居座る感じで、後から乗ってきた子供が
見たそうにしてるのを意図的に完全無視していました。

体の不自由な方の苦労は分かりません。気持ちは分かるなんて言葉は
とても言えません。ですが今までに障害に関係無いただのわがままで
不愉快な思いをした事が何度もあります。逆にそこは無理せんでええよと
思う事もありますが、このような事が重なると身体障害者の方全てに
迷惑が及ぶので、なるべく見たくはないものです。

ところで話は変わりますが、ホビージャパンでオラザク選手権の結果が
出てました。一次予選通過すらならず・・・残念。ですが、モデギャラで見かけた
結構クオリティの高かった作品などが、同様に一次予選を通過してなかったり
していた事の方が私にはショックでしたw
ただ入賞者の作品は流石というものばかりだったものの、ワクワクするものが
あまり無かった事が気になりました。好みの問題なんでしょうけど。

------------------------------------
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

ヨドバシで撮影機材を物色

嵯峨野近辺景観

comment iconコメント ( 2 )

こんばんは

かぶりつきのお写真を拝見して、「うんうん、こんなだった」と思わず呟いてしまいましたw
かぶりつきの場所は特に路面電車は人気があるように思います。

車椅子の方々の振る舞い、複雑ですね。

乗ってきたまま降りなかったのは、他の人が譲ってくれないからそういうことをしたのだと思うのですが、逆に見たがっていた子供さんを無視していたのが引っかかりますね。

自分たちがされて嫌なことを、他の人に(特に子供)に対してするのは、道徳的にもに間違っている思います。

偉そうなことは言えた義理ではありませんが、障害者であろうが、健常者であろうが、譲り合いの心、小さな心遣いを忘れてはいけない思います。



名前: kaz_eg6 [Edit] 2012-11-27 22:20

Re: こんばんは

こんばんは。

阪堺電車もかぶりつきは楽しいですもんねえ。
やはり軌道上よりも景色の変化が多いのが理由でしょうか。

車椅子の方についてですが、必要以上に遠慮がちな方も時々見掛けますし
大半の方はそうでないはずなんですけどね。

名前: ken [Edit] 2012-11-28 23:27

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)