訳あって弁天町の交通科学博物館に行ってきました。
以前にも一度行って、写真をご紹介しています。

こちらは中庭に当たるような場所です。
400円という入館料の割に施設は大きく、写真を撮ってる立ち位置の方には
引退した電車や機関車が展示されています。
交通科学博物館2013年01

3本の列車が並んでいます。機関車の向かって右側にももう1本あります。
交通科学博物館2013年02

交通科学博物館2013年03

列車の反対側(末尾)は別の車両の頭となっています。
交通科学博物館2013年04

交通科学博物館2013年05

こちらは食堂車となっていて、中で実際に食事が出来ます。
私は食事しておりませんが、京阪快急3000さんが食事をされたそうで
まあまあ美味かったそうです。
食堂車内の写真もそのうちアップして下さるとの事。
交通科学博物館2013年06

「くろしお」の反対側です。
交通科学博物館2013年08

食堂車の更に向こう側にはこちらの機関車が接続されています。
交通科学博物館2013年09

交通科学博物館2013年10

入口の近くにはリニアモーターカー関連の展示が充実しています。
私が生きているうちに営業運転される日は来るのでしょうか。
交通科学博物館2013年11

交通科学博物館2013年12

大胆にぶち抜いた展示を行なっています。梅小路蒸気機関車館
併合するって話もありますが、完全な移動は不可能だと思います。
下手に削るよりもこのまま置いといて欲しいものですが。
交通科学博物館2013年13

屋外の列車以外の展示も非常に充実しています。
外人さんの観光スポットとしても結構良さそうなもんですけど。
外人さんもやっぱり鉄ちゃんは凄いらしいですし。
交通科学博物館2013年15

交通科学博物館2013年16

交通科学博物館2013年17

交通科学博物館2013年18

電車関連以外の展示も意外と充実しています。
交通科学博物館2013年19

ここを休憩室として使ってみたかったですが、残念。
立ち入り禁止です。汚れますからね。
交通科学博物館2013年20

イベント用のジオラマ以外にも常設のジオラマもあり、内側から
見る事ができます。多分子供さん限定ですけど。
交通科学博物館2013年22

交通科学博物館2013年23

交通科学博物館2013年24

交通科学博物館2013年25

以前来た時に見逃したのがコチラです。積年?の思いを
遂げる事ができました。
交通科学博物館2013年26

ここのスペースは道路を挟んだ向こう側にあり、館内用の
歩道橋みたいなのを歩いて行きます。
交通科学博物館2013年27

交通科学博物館2013年29

交通科学博物館2013年30

交通科学博物館2013年31

そしてここに来たからには見逃せないのが、模型鉄道パノラマ室の
運転実演。学芸員さんが一人で操作&ナレーションを行ないます。
まれに事故る事もあるようです。
交通科学博物館2013年32

お子さん連れがわんさか。場違いな私。
交通科学博物館2013年33

今回来た理由は、こちらの記念品を頂く為です。
先日梅小路蒸気機関車館に行ったので、せっかくなので貰っておこうかと。
専用のシートに梅小路とここのスタンプを押せば、退館時に貰えます。
2013年1月20日までなのでご注意。明日までですね。
交通科学博物館2013年34

以前来た時から何も変わってないはずなんですが、やっぱり
帰るのも名残惜しく写真を撮り続けてました。
JRと地下鉄中央線からすぐですし、お子さん連れにも鉄ちゃんにも
非常にオススメな場所です。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

GP-03Sステイメン娘+オーキスパーツ

梅小路行った日のその他電車など

comment iconコメント ( 2 )

No title

こんばんは。

交通科学博物館の見学は楽しかったでしょうか。
自分が撮影したものが、ほとんどアップされていますね。

スタンプシートがあった事は、すっかり忘れていました・・・(>_<)。

名前: 京阪快急3000 [Edit] 2013-01-19 22:43

Re: No title

こんばんは。

あれだけ広い施設なのにつまらない「死に場所」的なポイントが
ほとんど無くつくづく良い場所だなあと思いました。
もっと大阪の売りにしても良さそうなんですけどね。

スタンプシートは梅小路の方が割と目立つ場所にあったのか
すぐに目に付いて交通科学博物館へ行く動機を作ってくれましたw

名前: ken [Edit] 2013-01-19 23:13

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)