実家で2013年10月の産経新聞を読み漁ってきました。
今回は特に目に付いた記事を元に所感などを
述べていきます。

天候不順等による不作などで野菜が値上がりしたり
輸入物の高騰などで加工品も値上がりしたりしています。
石油も値上がりしているので、全体的に生活必需品は
価格上昇傾向にあると言えるでしょう。
産経新聞2013年10月頃01

しかしながら安倍内閣は消費税の増税を決めました。
産経新聞2013年10月頃02

大企業では賃上げしている所もあるようですが
中小企業には恩恵は皆無なので、この記事のように
むしろ増税分の穴埋めを下請けに転嫁する会社が
この先も増えていく事でしょう。
産経新聞2013年10月頃03

求人誌を見たりハローワークに行けば分かりますが
好条件の仕事は無く、出てもすぐに募集が殺到する
ような状況です。安くて重労働のものなら
幾らでもあるんですけどね。
産経新聞2013年10月頃04

そんな中、政党交付金79億円。
どうすればそんなに使えるんでしょうかね。
そりゃ景況感も理解できる訳ありません。
産経新聞2013年10月頃05

そして天下りに使われるようなシステムに対する
監視は非常に甘い為、金持ちは肥え太り
貧乏人は更に絞られる状況が更に悪化しています。
産経新聞2013年10月頃06

そして自分達の「身を切る」為にこの程度の
廃止を大々的にアピールするに至ってます。
政権交代を経てもやはり自民党は自民党ですね。
産経新聞2013年10月頃10

ユニクロのサービス残業問題についての記事。
名誉毀損に対する棄却ですが、ユニクロは黒、
と言われたにも等しいですね。しかも全く会社として
反省の色は見られません。某居酒屋チェーンなんかも
全く国が規制・処罰する姿勢は見られません。
国民が期待するのはそういう所だったりするんですけど。
産経新聞2013年10月頃08

上の記事にも別の警察絡みの事件が載ってましたが、
確実に不祥事が急増しています。民間会社なら
業務停止命令を受けるくらいのレベルです。
ここも何の変化も無く、質が低下するばかりです。
産経新聞2013年10月頃09

さてアベノミクスでは原発推進の路線を固めたと
報道されています。自然エネルギーも出来れば
増やすと言ってますが、気休め程度でしょう。
産経新聞2013年10月頃11

しかしながら福島原発は収束の兆しさえ見えず、
最近の立て続けの台風でどうなったのか、
そんな報告もあまり出て来ない有様です。
産経新聞2013年10月頃12

「ヒューマンエラーなぜつづく」と東電社長が
のたまったとの事ですが、現場に行って作業を
手伝えばすぐにでも分かる事でしょう。
東電の正社員は全員現場研修を半年位すべきですね。
産経新聞2013年10月頃13

そんな訳で比較的設備が整っていたはずの福島原発で
世界最高レベルのメルトダウンを引き起こし、
手詰まりになってるのですが、原発の輸出まで
していくのがアベノミクスの方針だそうです。
産経新聞2013年10月頃15

さていつの間にか情報がほとんど出てこなくなった
TPPです。まず農業はハイリスク・ローリターンの
重労働であり、日本人がやりたがらないのは
当然だという事です。食料自給率を守る為にも、
TPPである程度自由化させるなら、農家を保護する
仕組みがセットで必要だと思います。
産経新聞2013年10月頃16

こちらは脱線問題でクローズアップされたJR北海道に
ついての記事です。昔から問題は一杯あったようですね。
まあほとんどの区間が不採算でしょうからね。
JR自体はアホみたいに儲けてるんで、金を回すように
出来んもんですかね。営利目的の企業でもあるので
国が管理しなくては難しいのかもしれません。
産経新聞2013年10月頃17

国税調査官がワイロを貰って情報漏洩。
産経新聞2013年10月頃18

みずほが暴力団との関連を放置。
産経新聞2013年10月頃19

大津市が都合の悪い事実を隠蔽。
どうもお役所関係や、天下り万歳な場所は
更に腐敗が進みつつあるようです。
産経新聞2013年10月頃20

祭りでの爆発事故。元凶は当然露天商ですが
運営が出店等に関して全く管理をしてなかった事が
後に分かりました。今回に関しては管理していても
防げなかったかもしれませんが、責任が皆無と
いう事はあり得ません。補償の一端を担うべきです。
産経新聞2013年10月頃22

元交際相手に刺殺された事件。法律改正直後に
あっさりと事件は起きました。改正の実効性は
無かったという訳です。更なる改正をすると共に
何故そんな無意味な改正しかしなかったのかを
検証して貰いたいですね。
産経新聞2013年10月頃23

さて割と最近の事ですが、元慰安婦への聞き取り
調査報告書の内容がてんでデタラメだった事が
今更分かったそうです。
産経新聞2013年10月頃24

これこそ国がさっさとすべき事なんですが。
産経新聞2013年10月頃25

昨今、日本の軍事行動の在り方について色々と
言われてますが、同盟国の援護がOKとなれば
中露相手の最前線になるんですよね、日本って。
スパイ天国としては、テロされ放題でエライ事に
なるような気がします。
産経新聞2013年10月頃26

そんな訳で東アジア各国とは連携して
中国包囲網を作れると理想的でしょう。
産経新聞2013年10月頃27

普通のテロにも弱いですが、サイバーテロも
危険性がレッドゾーンだったりします。
原発のシステムがクラックされたりすると
簡単に遠隔テロが出来たりするそうです。
流石に外部からの接続口なんて無いでしょうけど。
産経新聞2013年10月頃29

若い技術者の育成は良いのですけど、運用の為の
ビジョンが全く無さそうなんですよね。具体的に
何させるの?研究?実践?
最前線で対策業務に関わってないと最新の手法には
対応出来ないと思うのですが。
産経新聞2013年10月頃30

さて今回も産経新聞の記事を元に考えを
述べてみたのですが、同じ事実に対しても新聞によって
書き方が異なったり、時には内容まで異なったりします。
産経新聞2013年10月頃31

国が検閲をするような事があれば、嘘ばかりが
紙面に溢れる事になります。またそんな極端で
なくても時には誤認した記事を書いてしまう事も、
人間ですからありうる訳です。

単純に、目に付く情報を鵜呑みにして信じるのは
危険な場合もある事を忘れてはいけません。
と、たまに私は自分に言い聞かせてます。
スポンサーサイト

日本の貨物・・・模型ほか

阪急宝塚線でかぶりつき

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)