エキスポランド跡地に出来たエキスポシティ
その中にある生き物館ニフレルに行ってきました。

まずは小型水棲生物のコーナーが続きます。
水槽ではありますが、自然環境っぽく生き生きとした
展示をしているので割と飽きません。
エキスポのニフレル01

このように上から覗く事もできます。
エキスポのニフレル02

エキスポのニフレル03

エキスポのニフレル04

進んでいくとよりアクティブな展示をしているスペースに
出ます。触れられるくらいの近さで飼育されています。
エキスポのニフレル05

エキスポのニフレル06

エキスポのニフレル08

エキスポのニフレル09

エキスポのニフレル10

エキスポのニフレル11

エキスポのニフレル12

エキスポのニフレル13

ベシャっと。
エキスポのニフレル15

そして深海の生物のコーナーに移ります。
エキスポのニフレル16

エキスポのニフレル17

エキスポのニフレル18

エキスポのニフレル19

エキスポのニフレル20

更に熱帯雨林っぽい感じのコーナーへ。
エキスポのニフレル22

エキスポのニフレル23

白いカエルです。
先に見てた主婦達の会話に噴出しそうになりました。
「裸のオッサンが泳いでるみたいやなあ!」
エキスポのニフレル24

更に大型の動物の展示コーナーへと続きます。
エキスポのニフレル25

ホワイトタイガーです。水辺には普通に魚が泳いでますが。
食い尽くされてしまわないんですね。
歩き方が凄く力強く、襲われたら確実に死ぬなと思いましたw
エキスポのニフレル26

ワニ。これも凄くデカかったです。
実際に見るとかなりの迫力でした。
エキスポのニフレル27

カバは寝てました。
エキスポのニフレル29

目玉の動物展示は最後にありました。
ご覧のように動物が囲われてません。
エキスポのニフレル30

エキスポのニフレル31

エキスポのニフレル32

かわうそは流石にガラスの向こう側でした。
エキスポのニフレル33

萌え死にそうでしたw
エキスポのニフレル34

エキスポのニフレル36

エキスポのニフレル37

こちらは世界最大の鳩だそうです。
エキスポのニフレル38

知らぬ間に私の背後に降りて来ていたようで、振り返ると
手すりに飛び乗りました。なのですぐ目の前ですコチラ。
エキスポのニフレル39

トイレの標識の上にはふくろうが居たり。
エキスポのニフレル40

のほほんとしてたり。
エキスポのニフレル41

手洗い場で遊んでたり。
エキスポのニフレル43

『あ?なにガンくれてんだコラ?』
な威嚇をしてたり。
エキスポのニフレル44

横ではペリカンが騒いでたり。
エキスポのニフレル45

エキスポのニフレル46

エキスポのニフレル47

水浴びを始めると水槽手前はビチャビチャになります。
家族で行くなら周囲には注意しましょう。
あと当たり前ですがカメラのフラッシュは厳禁です。
エキスポのニフレル48

そんな訳でオッサン一人ではしゃぎながら写真を撮ってました。
GUNDAMSQUARE等々にも一応いったので後日ご紹介します。


さて先日大津地裁が高浜原発の稼動差し止めの仮処分を
決定しました。司法が稼動の妥当性を判断した事について
批判も出ているようですが、そもそも安全に責任を持つ
機関が存在しない今の状況が異常過ぎるだけなので、
大津地裁の英断だと思ってます。
関西電力は原子力規制委員が大丈夫だと言ったから
動かしたと言い、原子力規制委員はガイドラインに沿って
チェックしただけで安全性に責任は持たないと言い、
国は我関せずと言ってます。
誰も責任を持たずにハードルだけ下げて再稼動している。
フクイチは相変わらず詰んでいる状態なんですけどね。
日本と言う国が異常過ぎます。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

エキスポシティの観覧車(建設中)

ラジアントヒストリアとか

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)