前回に引き続き和歌山電鐵沿線に行った際の写真を
ご紹介していきます。

和歌山電鐵は単線なので途中すれ違いの為の待機が
何度か有ります。そんな一駅での写真です。
和歌山電鐵のニタマ駅長01

いちご電車が車庫から脇の方へと動いて行くのと共に
うめ星電車も入ってきました。
今年の6月にデビューした新しいラッピング車両ですね。
和歌山電鐵のニタマ駅長03

逆方向だったので乗れず。
和歌山電鐵のニタマ駅長04

こちらは乗ってきたおもちゃ電車。
次はみかん電車とか作って欲しいかなあ。
和歌山電鐵のニタマ駅長02

そして終着駅の貴志駅です。
和歌山電鐵のニタマ駅長05

駅側から見た様子。
和歌山電鐵のニタマ駅長06

和歌山電鐵のニタマ駅長08

ついでに作業用車両。
和歌山電鐵のニタマ駅長09

和歌山電鐵のニタマ駅長10

貴志駅内には各特殊車両が祀られています。
今でこそ人気スポットではありますが、経営難脱出の為の
社運を掛けたプロジェクトでしたから。
色んなものにすがるのも頷けます。
和歌山電鐵のニタマ駅長11

和歌山電鐵のニタマ駅長12

傍らには大明神もひっそりと祀られておりました。
最大の功労者ですもんね。
和歌山電鐵のニタマ駅長13

そして今回最大の目的であったニタマ駅長とご対面。
多分結構デブってます。
和歌山電鐵のニタマ駅長15

ちなみにニタマ駅長はTIME誌の「世界で最も影響力のある
100匹の動物」に選出されているそうです。
ワールドワイドでインターナショナルなニャンコなんですよ実は。
和歌山電鐵のニタマ駅長16

和歌山電鐵のニタマ駅長17

そのせいもあってか外人の観光者が結構居ました。
なかなかシャッターチャンスが無く、結果こんな写真も
撮れました。
和歌山電鐵のニタマ駅長18

機嫌悪そうな感じです。
和歌山電鐵のニタマ駅長19

貴志駅周辺の雰囲気です。
一本電車を逃すと次までが長いのですが、
長すぎる訳でもないので遠出もし辛く時間の使い方が
難しい感じでした。
和歌山電鐵のニタマ駅長20

今回のもう一つの目的はたま電車です。
以前にも撮っていますが、その時は耳がありませんでした。
耳のついた状態が撮れたのでミッション終了です。
和歌山電鐵のニタマ駅長22

和歌山電鐵のニタマ駅長23

和歌山電鐵のニタマ駅長24

和歌山電鐵のニタマ駅長25

和歌山電鐵のニタマ駅長26

和歌山電鐵のニタマ駅長27

こちらは途中下車した際に撮った時のもの。
この経緯はまた後日ご紹介します。
和歌山電鐵のニタマ駅長29

確か竈山駅だったと思います。
和歌山電鐵のニタマ駅長30

そんな訳で残りは次回以降となります。
和歌山電鐵のニタマ駅長31

さて本日大阪日本橋のイエサブでガンプラコンテストに
応募をしてきました。オタロードのなんばGAMESHOP
って店舗の2Fです。
和歌山電鐵のニタマ駅長32

オリジナリティにはそこそこ自信があったのですが
意外にアイデアもクオリティも他作品のレベルが高くて
正直目立たなかったり。健闘を祈ってます。
和歌山電鐵のニタマ駅長33

今回は以上となります。
ところでつい先日沖縄辺野古での基地移設工事の訴訟で
国側が高裁で勝訴しました。
まあ最近の司法の傾向からすれば規定路線って感じですね。
判決を受けてゴリ押しでまた工事を再開するでしょう。

ただこんな事をしていれば政府と沖縄県民との溝は更に深く
なるだけです。ついこの間の強姦殺人はもう無かった事に
なってるのでしょうか。
そもそも米兵が沖縄県民に対して犯罪を犯しても
基地に逃げ込まれれば日本側で裁けない事が問題であって
辺野古だろうが普天間だろうが基地がどっちに在っても
状況は変わらない訳です。
日本で裁けないのならせめて基地でアメリカ自身に裁いて
貰い、その結果を公表するように働きかけるのが筋です。
それが無理でも何か根本的な解決をある程度提案すべき
なのですが、腰抜け官僚にはとても無理で、内弁慶な方に
論点をずらしてお茶を濁してるのが現状です。

これは沖縄に限った話ではなく、尖閣では中国に蹂躙され
竹島では韓国に手も足も出ず、北朝鮮には何も言えない
腰抜けどころか寝たきり状態なのが外務省です。
政治家の質も最低ですが、それ以上に官僚が腐りきって
いるのですが、特効薬というのは無さそうですね。

------------------------------------
にほんブログ村のランキングに参加しています。
一度クリック頂けるとヒジョーに嬉しいです(右上のと同じリンクです)。
にほんブログ村 写真ブログ 近畿風景写真へ
スポンサーサイト

和歌山電鐵沿線の竈山神社

和歌山電鐵のおもちゃ電車

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)