ネタ切れ著しい今日この頃。
そんな訳で今回は最近の時事ネタについて所感を述べて
いくことでお茶を濁そうと思います。

まずはこちら最もホットなトランプ大統領の就任について。
世界というか地球全体のリスクとなりつつあります。
何も変わらない現状からの脱却に期待して博打的に選ばれた
大統領ですがトランプ自身が格差の象徴なので、結果的に
更に貴族と奴隷の二極化が進むだけだと思います。
実際格差是正には全く言及してませんし。
時事ネタ2017年1月-01

さて我らが日本も問題の山積み加減では負けておりません。
毎日新聞の記事では国の収支が更に悪化している事を
報じています。蜜月で過保護にしてきた大企業様が
総崩れで、苛め抜いてきた中小企業の体力が尽きつつあり
税収が減少しているので当然ですね。
その癖支出は減らさないのだから良くなりようがありません。
時事ネタ2017年1月-11

時事ネタ2017年1月-12

支出を抑えないだけでなく、こんなイカサマで正常な
競争状態すら歪めてしまう為、更に経済は滞ります。
全面禁止を定めたにも関わらず、全省庁で横行しており
大したペナルティも無いのでやりたい放題です。
時事ネタ2017年1月-02

こちらは時事通信の記事です。
今回大きな問題となったのは文部科学省です。
そういえばもんじゅは文部科学省の所管でしたね。
時事ネタ2017年1月-03

こちらはまた毎日新聞の記事。
他省庁でも当然のように行なわれているとの事です。
時事ネタ2017年1月-04

同じく毎日新聞の記事。
組織的に複数のルートを構築し、外部には漏れないよう
隠蔽していた事が報じられています。
時事ネタ2017年1月-05

時事ネタ2017年1月-06

時事ネタ2017年1月-08

こちらは朝日新聞の記事。
文科省が組織的にあえて法律違反を犯していたと
断じています。
時事ネタ2017年1月-09

更にこちらでは政府の作った再就職の仕組みを文科省が
全く使ってなかった事を毎日新聞が報じています。
庶民がハローワークでブラックな求人ばかりに辟易してる傍らで
政府の斡旋すら蹴って税金泥棒を繰り返している訳ですね。
時事ネタ2017年1月-10

さてこちらは同一労働・同一賃金の働き方改革に関する記事です。
法的な拘束力が無いので意味無いでしょうって内容です。
まあ正直、下を引き上げるのではなく、上を落とす方に悪用される
だけでしょうから、案自体消滅した方が良いのかもしれません。
時事ネタ2017年1月-13

話変わってこちら2016年10月末の記事となります。
内閣で65億円相当の備品が無くなっているという話です。
227個で65億円って銀行強盗が可愛らしいってレベルの
犯罪だと思うんですよね。オレオレ詐欺と同じ位の
レベルで対策すべきじゃないでしょうか。
時事ネタ2017年1月-15

こちらは数日前の産経新聞に出ていた記事です。
マイナンバー制度があまりにも酷すぎるので
上が重い腰を上げて口出ししてきたという話ですね。
そもそも利権絡みで責任者が業者を勝手に指名したせいで
クズみたいなシステムが出来てしまった訳で、杜撰過ぎる
プランが果てしなく尾を引いている訳です。
これも汚職の弊害です。
時事ネタ2017年1月-16

さてフクシマでは完全にメルトダウンの処理が手詰まりと
なっている訳ですが、西日本では10基の原発が既に
新基準に合格してるんだそうです。知らなんだ。
川内や伊方も合格してるんですね。
時事ネタ2017年1月-17

また少し話し変わって、世界レベルでの経済格差の
記事となります。トランプ爆誕やISS隆盛の根本原因が
こういった富豪の脱税による財政危機などにあるのですが
オバマ大統領でも結局何も手が打てませんでした。
「地球がもたん時が来ているのだ!」とシャアは言いましたが
笑い事でなくそんな状況が来ているのかもしれません。
時事ネタ2017年1月-18

また話が変わってこちら音声で家中の家電が動かせる
ようになるよって記事です。家電そのものは規格に応じた
APIだけ用意しとけば良いので、理論上は難しくないですし
ますます普及して行くのでしょう。
時事ネタ2017年1月-19

ただIoT対応の機器はセキュリティに対する甘さが度々
指摘されており、自動車なんかはクラックされれば
簡単に自爆テロに使われたりされかねません。
家電にしても稼働状況を把握されるだけで家の
在宅状態が分かったりする訳で、意外とリスキーです。
まあそもそもスマホが危険だったりするんですけど。
時事ネタ2017年1月-20

という訳でやはり愚痴だらけの所感となってしまいました。
今年は少しでも明るい年となって貰いたいものですが
まずはトランプ次第といった所でしょうか。
スポンサーサイト

アマモへのⅣ号H型

2016年12月の大阪梅田

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)